子供がいる状態で離婚をした場合、子の氏の変更の許可及び入籍届の手続きが必要となってくることがあります。​

例えば、旧姓に戻る母親が、子の親権者となり、子の氏を母親と同じものにする場合です。​

​結婚時には婚姻届出を市役所に提出するだけで、入籍の手続きが完了しますが、離婚をした際に母親の戸籍にいれるには、裁判所と市役所での手続きが必要となってきます。

まずは家庭裁判所で氏の変更の許可を得なければなりません。

必要となってくる書類は次の通りです。​

・子の戸籍謄本
・父・母の戸籍謄本(父母の離婚の場合,離婚の記載のあるもの)

子の氏の変更は基本的に認められております。また申し立てから審判までの時間も普通の氏名変更の申し立てと比べると短い期間で終了します。

また、事前に即日処理審判ができるかを裁判所で確認をしておき、認められる場合はその日のうちに審判書を受け取ることができます。

無事に子の氏の変更が認められた場合は、その後に市役所での手続きをしなければなりません。

子の戸籍は自動的に移動するわけではなく、移動するには,家庭裁判所の許可を得た後,子の本籍地又は届出人の住所地の役場に入籍の届出をする必要があります。

届出にあたっては,審判書謄本のほか,戸籍謄本などの提出を求められることがあります。

なお、子の氏変更が許可され母の戸籍に入籍した後,再度父の戸籍に入籍し父の氏を称する場合は,家庭裁判所で再度「子の氏の変更」の手続をしなければなりません。

ただし,一度変更の許可を得たときに,子が未成年であったときは,成年に達して1年以内であれば,市区町村役場で入籍の届出をするだけで父の戸籍に入籍することができ,父の氏を称することができます。

 

氏名変更でお悩みの方は

司法書士事務所エベレストへご相談下さい。

 

初回相談無料!

メールでお問い合わせ