家庭裁判所へ名字・名前の改名の申立てをした際に、家庭裁判所にて面談をする場合があります。

名字・名前の改名の申立てでは、原則的に面談する家庭裁判所が多いようです。

それでは家庭裁判所の改名の面談の際には、どういったことに注意すれば、いいのでしょうか?

面談で1番大事にして欲しいこと

家庭裁判所での面談で1番注意して欲しいことは、それは、しっかりと面談に出席することです。

当たり前のことかもしれませんが、名字・名前の改名の申立てをした後、家庭裁判所の書記官から面談の日程調整の電話があった際、

「今回は認められないかもしれないです。取下げはされませんか?」

というような事を言われると、きっと今回は改名できないんだ。と諦められる方が多くいらっしゃいます。

確かに、家庭裁判所から取り下げを促されたり、改名許可の可能性が低いことを伝えられる場合、実際に現状では改名許可の見込みが低いことを示唆していることが多くあり、実際に不許可になることも多くあります。

しかし、そのような状況でも家庭裁判所へ出廷し、面談をして、改名の許可審判がおりた事例も多くあります。

つまり、改名の申立てをされた際は、裁判所の方からどのようなことを言われても、面談のために出廷されることをお勧めします。

実際に、裁判所での面談が終わった後からでも取り下げることは、できますので、取り下げをされるのも面談が終わってからでもいいのではないでしょうか?

なお、取り下げをした際、却下になってしまった場合の対策はこちらをご参考下さい。
改名を取り下げるべき?却下された場合は?

その他、注意すべきポイント

出廷すること以外に注意すべきポイントとしては、次のようなものがあります。

 

・服装

 

・裁判所からの質問に対しての返答の内容

 

服装

出廷される際、皆さんに気を付けて頂きたいのは服装です。

弁護士の方で、服装は裁判所の心証にはあまり関係のないといわれる方がいますが、裁判においては、ジャージ等を避け、清潔感・さっぱりした感じの服装、できればスーツなどを着用して、裁判所へ行きましょう。

裁判をするのも人であるため、全く心証に影響がないわけではないと思います。

金髪の方は黒髪に、入れ墨やタトゥーがある方は見えないようにしておきましょう。

裁判所からの質問に対しての返答の内容

これは、特に、改名の許可が厳しいと裁判所の方から事前に伝えられている方は注意して頂きたいです。

基本的には、裁判所の方から、

「今のところ改名の申立ては特段問題ないと思いますよ。」

というようなことを言われている方は、質問されたことに対して、正直に申立理由にそって返答して頂ければ問題ありません。

一方で、裁判所の方から、事前に

「今回の申立ての許可は厳しいかもしれません。」

と伝えられている方は、面談の際に、一生懸命に伝えていく必要があります。

聞かれる内容に対しては、基本的に主観的な事情でなく、客観的に必要性、現状生じている不利益などを伝えていく必要があります。

その客観的な部分を一生懸命伝える必要があります。
一生懸命に伝えても、変わらず却下の判断になるかもしれませんが、心証に訴えかけることで、許可審判になることもあります。

なお、裁判所から聞かれる内容としては、主に次のような内容です。

 

・申立ての理由・経緯

 

・親などからの同意を得ているか

 

・債務(借金)がないか

 

・過去に犯罪歴があるか

 

・その他、申立資料に関する補足の確認

 

面談時に持参するもの

通知書

面談時には次のものをお持ちください。

面談時に持参するもの

①認印
②本人確認書類
(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
③その他、名の変更を求める理由を裏付ける資料

※持参するものの中に、期日通知書の記載がありますが、基本的には期日通知書の持参は不要です。

①認印につきましては、当日、訂正が必要なもの、書類の受け取り等、印鑑が必要になることがございます。
面談当日は、印鑑を使用しないこともございますが、念のためご持参ください。

②本人が出廷しているかどうかの確認をとるため、本人確認書類が必要になります。コピーではなく、原本をお持ち下さい。

③申立時には、添付していなかった書類や、家庭裁判所の方から追加の資料(通称名の資料など)の提出を求められた場合に、該当する書類を提出します。
追加で提出できる書類がなければ、提出は不要です。
また、申立時に理由を裏付ける資料をコピーで提出している場合、面談時に原本の持参を求められる場合がございます。

却下されてしまった場合の対応

万全を期しても却下されてしまうことは、もちろんあります。
実際に改名の申立てが却下されてしまった場合の対応は次の記事に記載しておりますので、ご参考下さい。

改名を取下げるべき?却下された場合は?

まとめ

以上のように、当たり前かもしれませんが、改名の申立てをした後は、できることはしっかりと取り組み、面談が終わった後に、取り下げるかどうかなどを検討される方がいいように思えます。

裁判所の方から、厳しいことを言われ、諦めたくはなると思いますが、是非最後まで手続きをされてください。

この記事を読まれて少しでも改名手続きのご参考になったのでしたら幸いです。

 

氏名変更でお悩みの方は

司法書士事務所エベレストへご相談下さい。

 

初回相談無料!

メールでお問い合わせ