戸籍請求書

改名後の戸籍の内容について見本付きで解説します。

※改名手続きについては、「苗字・名前の改名手続きマニュアル」をご参考下さい。

苗字改名後の戸籍

家庭裁判所の許可を得て、苗字を改名すると戸籍謄本には次のように記載されます。

氏変更後戸籍
苗字改名後の戸籍謄本の記載

  戸籍事項:氏の変更
【氏変更日】令和〇〇年〇〇月〇〇日
【氏変更の事由】戸籍法107条1項の届出
【従前の記録】(空白)
 【氏】〇〇

家庭裁判所の許可を得て苗字(姓)を旧姓等に改名した場合、戸籍事項に記載され、身分事項には何も記載されません。

この場合、筆頭者が苗字を変更することで、戸籍に入っている世帯全員の苗字が変更されます

1人だけ苗字を変更するには?

苗字を変えた場合、戸籍に入っている世帯全員の苗字が変更されてしまいます。

そのため、家族の誰か一人だけ苗字を変更する場合は、次の手続きを行う必要があります。

家族の一人だけ苗字を変更する方法

①苗字を変更される方が、今の戸籍から分籍をする
※ただし、分籍届出は20歳以上の方しかできません。

②家庭裁判所の許可を得て苗字を変更する

名前改名後の戸籍

家庭裁判所の許可を得て、名前を改名すると戸籍謄本には次のように記載されます。

名前改名後の戸籍
名前改名後の戸籍謄本の記載

  身分事項:名の変更
【名の変更日】令和〇〇年〇〇月〇〇日
【従前の記録】
  【名】〇〇〇

転籍、分籍をすることで、変更前の名前を戸籍謄本に記載しないようにすることができますが、【名の変更日】は記載されます。
また、転籍や分籍をしても、転籍前の戸籍、分籍前の戸籍が抹消される訳ではないので、転籍前、分籍前の戸籍には、従前の氏名が記載されております。

まとめ

以上、改名後の戸籍謄本についてでした。

改名後の手続きを知られたい方は「名前の変更許可後の手続きを徹底解説」をご参考下さい。

氏名変更でお悩みの方は

司法書士事務所エベレストへご相談下さい。

 

初回相談無料!

メールでお問い合わせ